JENNY DIP the RAINBO☆サクラの日記

ガールズバンドプロジェクト★JENNY DIP the RAINBOW★
ギター担当サクラのブログです
テーマカラーは【夜明けの紫】
TEAM ALASKA(ALASKA in BLONDと愉快な仲間達)&ドクポリ党(ドクターポリエステルハカセとその党員)から参加

一定期間更新がないため広告を表示しています



2016/05/11 (水) | -
- | -
沖縄と言えばブルーシール!

初めて食べて15年

沖縄に行けば食べていますが

今回もたくさん食べました☆



スーパーで棒アイス

小さいカップでバニラ、シークワーサー、紫芋、アセロラ味もありました



国際通りの店舗でチョコミントとブルーウェーブスプラッシュ



おきなわーるど内で紅芋ソフトクリーム



観光名所で良く見るマーク



58号沿いの牧港店

お土産屋さんで見なかったグッズも売ってました

ブルーウェーブスプラッシュが一番好き!

これ食べる前はチョコミントが一番でした

どちらも色が怪し過ぎるけどアメリカっぽくて良いのです




2014/07/07 (月) 12:05 | 旅行記
- | -

牧志公設市場でソーミンチャンプルー


奥武島近くのもずく料理店「くんなとぅ」のもずく天ぷら

いろいろな店でもずく天ぷら食べたけれど

ここのが一番サクサクで美味しかった!



麺にもずくを練りこんでいる焼きそば


三越で食べた定食

百貨店のレストラン…というよりも

近所の定食屋のような、田舎のおばあちゃん家のような

なんともホッと一息できるお店でした


ぜんざいも食べました

黒糖味で甘い煮豆(赤豆)が入ってます


宮古島の古謝そば屋で食べたそば

出汁うまいー


グルクンの唐揚げ

ビールが進むです


宮古島の不思議な麺

揚げているみたいだけど…食感がフカフカでした


お寿司屋さんで頂いたもずく酢、にんにく入り!

意外な事に、にんにく合います!

とっっても美味しかった!

にんにくのにおいは残った(笑)

お寿司は美味し過ぎてすぐ食べてもうた


宮古島くになか食堂の野菜そば

ここに行く直前から熱発して、すごく美味しかったのにほとんど食べられなかった


那覇で利用したウィークリーマンションから

徒歩1分の居酒屋「REN」で麩チャンプルー

今まで食べたチャンプルーで1番でした!

ここの料理はどれも美味しくてオシャレだった…




唐揚げの衣が美味しくて、病み上がりに酒飲んでもうた


燻製イカの天ぷら

食感がソフトだけど味がしっかりついてて

肴にピッタリです


贅沢しまして石垣牛のサーロインと赤身

口で溶けて甘く香る霜降りすげえ!と思ったけど

飲み込むと胃にキツイ(笑)


琉球ちゃんぽんはご飯の上に野菜炒めの卵とじが乗ってます

公設市場の2階で食べました

お店によって具材や味が違うので面白かったです


本部町の県道84号沿いには沖縄そばのお店がたくさんあります

そのうち「中山そば」に行きました

だんだんスープに肉の味が溶け出して美味しかったです

麺が多くて食べきれず申し訳ない…


西表島の寿司屋「初枝」でお寿司

ここで頂いたオオタニワタリの天ぷらが美味しかったです



関東では見かけない食材がたくさん見られましたが

ほぼ美味しく頂きました

個人的にゴーヤや生ヨモギの苦味がダメでした(+_+)


2014/07/07 (月) 12:00 | 旅行記
- | -
小笠原から帰って次の次の日、沖縄に行きました!

定番の美ら海水族館

やんばる急行バスで行きました



梅雨…どこ行った…

日焼け対策してもこんがり焼けました〜







大きな水槽は上からも見られました



海亀コーナーは好きすぎて2回寄ってしまった

イルカショー中に隣のプールでオキゴンドウを見てたら

キュイキュイ鳴いてじっと見つめられました

萌え死にさせる気か!




帰りのバス停まで、公園内をプラプラ歩きました

あぁ暑かった!楽しかった!



2014/06/07 (土) 20:24 | 旅行記
- | -

父島では海岸で昼寝したり、釣りしたりと、のんびり過ごしました

色々なアクティビティやツアーがあり

2日目にシーカヤックとトレッキングに参加


風が強くて怖かったけれど海がとにかく青かった!

日焼けを心配していたけれど、ちょうど良い薄曇りで助かりました


トレッキングでは、天然記念物であり絶滅危惧種のアカガシラカラスバトを守る森

サンクチュアリに入りました

指定の講習をパスしたガイドさんと一緒でないと入れません

また、入る前と後に、靴裏用のブラシやコロコロなどで

種や生き物を持ち込まない、持ち帰らないようにします







まるで巨大なこごみ




マルハチの木

葉が伸びていくと、幹からバッサリ落ちます

落ちた跡が、丸の中で逆さまの漢数字「八」の形をしているのが名前の由来だそう




島で1番高い中央山の山頂ではあいにくの風と霧

雲の切れ目から、ちらっと青い海が見えました



真っ赤も良いけど、黄色やピンクなども可愛かった!

日差しが強いので元気いっぱい



いくつかのビーチに行きましたが

どこの海も青い



イソヒヨドリ?

帰りの船に乗る前に、海岸が見えるベンチで鮫バーガー食べていたら

50センチくらいまで近付いてきた小鳥さん

美しい声でさえずります

可愛らしいけれど、野生のもの達に餌付けはダメ!

おねだりが実家の猫さんのようだった…



美味しかったマンゴースムージー

暑い中で歩いて散策中にピッタリでした




ナイトツアーで1匹しか見られなかったオガサワラオオコウモリ

夕暮れ時、星を見に外に出たらたくさん見ました

それぞれの餌場に向かってバッサバッサ飛んでました

その後に見た星空の素晴らしいこと!

ド近眼の旦那も「初めて小さい星を見た」と言うくらい

満天の星空はとっても綺麗でした



カラスバトなど絶滅危惧種の鳥たちを食べてしまう猫を保護し

協力病院や里親へ送る施設「ねこ待合所


小笠原の生態系を垣間見る事が出来て面白かったです

5泊6日の旅はあっという間でした〜



2014/06/02 (月) 09:34 | 旅行記
- | -


小笠原諸島の父島に行ってきました

人口約2000人

竹芝桟橋からおがさわら丸に乗って25時間半


今まで連絡船や高速ジェット船に乗ったことはありましたが

宿泊施設を備えた大きな客船は初めて



船内に飲み物、カップラーメン、アイス、スナック、シャンプー、石鹸などの自動販売機があります

売店でもパンや菓子、洗面道具、オリジナルTシャツなどが売られているので、不自由しません



大変だったのは暇な時間の過ごし方

デッキで外を眺めるのも、風が強い為大変です

本を何冊か持っていきましたが、やっぱり暇でした



コックをひねるだけで熱湯が勢い良く出てくるので

食事をカップラーメンで済ませていた人が何人もいました


レストランは定食屋に比べると割高に感じられますが

船内で時間のメリハリをつけられるので、なるべく利用しました



航海中ずっと、カツオドリがちらちらと見えて

父島が見えてくる頃、マダライルカの群れに遭遇

親子もいました

海が真っ青で、透明感がありました



往路、復路とも、日の入りと日の出が曇っていたのが残念

晴れれば真っ赤な太陽や天の川が見られるとか



下船後数日間は、急に揺れている感覚が戻ってくる事があり


目眩とは違う揺れに、船の旅を思い出してました


続く


2014/05/22 (木) 16:03 | 旅行記
- | -
11月半ばに京都大阪に行ってきました。

毎年、晩秋〜初冬になると、美味しい物を食べに行きたくなります。

年内までには、と焦る頃です。



行き帰りの夜バス、一泊ビジネスホテルだけ決めて

あとは当日行き当たりばったりの無茶振り観光でした。


京都着6時半…。

コインロッカーに荷物を預けて、奈良線のホームへ。



朝練の高校生がたくさん乗ってました。

京都駅から二駅離れた稲荷駅で下車。

目の前は伏見稲荷です。



夜バス下車後に山登りはきついので、途中まで。





朱と金が目に眩しい。



御朱印を頂いている間、御守りや土鈴を眺めていると

絵馬代わりのミニ鳥居がありました。

掌サイズ。



左側のお狐様。鍵をくわえています。

あぁなんてカッコイイのだ。



稲荷駅から京都駅方面へ戻るように歩くと

途中に東福寺があります。



南側の六波羅門前で開門を待つ間、

守衛さんが門に残る矢傷などを教えて下さいました。

矢…だと…?

鎌倉時代滅亡の頃だとか。ヒェー。



境内には谷間の上に通天橋が架かっていて

そこから眺める紅葉が人気のようです。

奥に見えるのは臥雲橋。

橋を渡る為の入場券売り場に

ツアー客や外国人観光客が行列を作ってました。



橋の途中から出て、間近で眺めることも可。

一眼レフカメラを持つ人が多かったです。

日下門から出て、さらに北へ。

通天橋から下流の位置に当たる臥雲橋からも、

見事な紅葉が見えました。

こちらは混んでなかったです。

この橋にも、刀傷があるそうですが、見つけられませんでした。



さらに北へ歩き、三十三間堂に入りました。

修学旅行以来で、何も覚えていなかったので

何もかも新鮮に見られました。

国宝の数たるや。

仏像も素晴らしかったけれど、

建物自体の柱とか梁も見応えあって楽しかったです。


さらに歩いて祇園へ。



テレビで見て行きたかったお菓子屋さんで

抹茶チョコフォンデュを食べました。

葛餅とか、求肥がよく合っていました。



残った抹茶チョコに、ホットミルクを入れてもらえます。

見た目よりかなりボリューミー。

お腹いっぱいになりました。




腹ごなしに歩いて鴨川を渡り、三条方面へ。

錦糸丼を頂きました。



お腹減ってはいなかったのですが、

箸が止まりませんでした。

く…苦しい。


京都駅へ向かう途中、自分用のお土産に

和菓子屋さんに寄りました。





長久堂さんの求肥のお菓子。

まぶしてある粉は和三盆です。

真ん中のピンクは羊羹。

求肥が好きな人はぜひ!

自宅で加賀棒茶と頂きましたが、至福のひと時でした。






飴の中に大豆が入った豆平糖。

昔ながらの硬ーい飴の中に、香ばしい大豆が入ってます。

節分の豆みたいな香ばしさ。

一度食べたら、やみつきになりました。

また食べたい。

ここの生姜飴も、ちっとも辛くなくて
、とっっても美味しかったです。

近くを通る際はぜひ。



もう歩き過ぎて、足首が痛いよー。

と思うくらい、徒歩での移動でしたが

範囲が狭かったので

バスを使うより便利に感じました。

大阪へ続く。


2013/12/02 (月) 17:28 | 旅行記
- | -
最終日は指宿観光でした。



指宿といえば砂風呂。



砂風呂の後に、併設の温泉施設へ。

朝9時に行ったので、10時にはサッパリして

ロビーで指宿サイダー。



ガイドブックまんまの行動をとってみました。





薩摩切子の他にも、塗り物、焼き物の工芸品がたくさん。


お昼にはまだ時間があったので、

指宿駅から砂風呂会館までお世話になった

タクシー運転手さんに電話して

貸切でおまかせ観光してみました。



長崎鼻から見た開聞岳。

わからない人はググってくれ。

長崎鼻という岬の東が錦江湾、西が東シナ海です。

画像は長崎鼻から西を向いているので、東シナ海です。


海の青さ!

船の周りで潜水士の方々が何やら作業中。

ウミガメが産卵に来る海岸を広げる工事をしてました。

タクシー運転手さんのお友達?の土産物屋さんで

焼酎をご馳走になってしまいました。

ご夫婦で毎日楽しく飲んでおられるそうです(笑)。

立派なウミガメの剥製があったので伺うと

ウミガメの捕獲が禁止される前は

剥製を仲人に贈る、という習慣があったそう。

お店に残っている剥製の値段は、捕獲禁止以降、10倍以上になったそうです。


幼少期、議員さんや自治会長さんの玄関先でお盆サイズの剥製を見たような…。



二市大山駅より

本州最南端の西大山駅。

何もない所に急に駅があるからビックリです。


鰻池

鰻池は湧き水なので川がなく

出る川は昔の人が作ったもの。

だから塞ぐと溢れちゃうそうです。

見た目は湖ですが、立派な人口池。

オクラ畑がたくさんあって、

オクラの種を焙煎したオクラコーヒーなんてものがあった!



普通のコーヒーと味の違いがわかりませんでした。

期待していた粘り気は全くなかったです。



小さいスーパーに入ったら、くまもん商品がそこらじゅう至る所に…!

からあげくん

ローソンにもいた。



タクシーの運転手さんとたくさん話が出来て面白かったです。

40年地元で運転してるだけあって、運転も案内もうまかった。

ガイドブックにない話がわんさか出てきて、あっという間でした。



鹿児島といえばしろくま。





ちょうど顔の後ろの席でした。



白熊アイス(小)

一人ででっかいの食べてる人いました…スゲェ。




二泊三日の日程で、ラーメン5杯食べました。

九州はうまい。
 


2013/10/23 (水) 00:33 | 旅行記
- | -
二日目は日帰りで甑島に行きました。



「ドクターコトーの診療所」の舞台となった島です。









フェリー乗り場の最寄り駅まで電車。









駅からバスで5分くらいの港。



一日4往復、船便があります。



高速船に乗りました。



遠目にイルカの群れがいくつかと、



船に驚いて逃げるトビウオが何匹か見れました。







島の中もレンタカー移動。

着いてすぐ目の前の宿泊施設内にレンタカーのカウンターがあります。

小さい島なので前もって予約しましょう。




隣町の港に行き、遊覧船に乗りました。



船首デッキに出てからの移動は迫力満点でした。



遊覧船とはいえ、速い!



めっさ揺れる!



海風が気持ち良い!(暑かったので)



振り落とされそうで怖くて、手すりから手が離せませんでした。



船の甲板怖過ぎる



北から上甑島、中甑島、下甑島の三島がありまして



上甑島と中甑島は橋で繋がっていて、車で往来できます。



現在は一番大きな下甑島と中甑島を結ぶ壮大な橋を建設中。



見たことのない機械や、橋脚建設中の様子を遠目で見て興奮しました。













上甑島の展望台より。



不思議な地形です。



青と緑が美しい。



ここから画像の奥へ、車で20分程進むと







反対側の展望台があります。



どこから見ても海が綺麗。




家など見当たらない山道も建設中。

どこに予算が?と思ったら、自衛隊の基地があるそうです。


そういえば、お昼ご飯予約しなかったので大変でした…。

島のパンフレットにもお店の案内はないので、遊覧船スタッフさんに聞きましたが

どこのお店も予約客しか対応できないと言われてしまいました。

ちょうど団体さんが来ていたのもあるのかも。

行く方はぜひ予約を。



午後の便で本土へ渡って、夜は天文館へ。



郷土料理のお店に行きました。







キビナゴは酢味噌でさっぱり。



画像より、銀色が輝いてました。









鷄刺し。



弾力がスゴイ。









骨付き豚のスペアリブ。



黒豚のしゃぶしゃぶも美味しかったけれど、



こっちのがインパクトありました。





いろいろな場所に行くのは、美味しいご当地物を食べる為なので



目的を果たせました。



この後ラーメン食べたけど。







火山灰を感じなかったけれど



少しずつ降り積もっているようで、道の隅に溜まってました。


2013/10/10 (木) 17:50 | 旅行記
- | -
鹿児島県に行ってきました。

暖かくて、一年中収穫できて、良質な温泉もいっぱい。

おおらかな雰囲気で、のんびり過ごすには良い場所でした。

桜島はどっかんどっかん爆発中で、灰にまみれて何にも見えませんでした。



鹿児島空港からレンタカーに乗って、霧島方面へ。

旅行人山荘さんで貸切露天風呂に入りました。



敷地内の山林に突然ある露天風呂。

新緑とか紅葉の時期はさぞ眺めがよかろうのう。

お湯は程よく熱め。湯の花大量。

つるつるになった!

霧島温泉の湯質は素晴らしかったです。

貸切時間50分は長過ぎて、半分もいなかったです。

貸切露天風呂を利用後は、そのまま大浴場にも入れるそうです。

体ポカポカだったし、先もあるのですぐに出ました。





温泉の蒸気を利用して、卵やサツマイモなどを蒸してました。

霧島茶がたくさんありました。





手水

霧島神宮は鳥居も本殿も石階段も美しかったです。

大きな木々が元気いっぱい、さすがパワースポット。

あと今回の鹿児島観光で、

地方の一之宮は駐車場が広いことがわかりました。



福山の黒酢畑。

もう近くを通るだけで香りが鼻にしみてきます(笑)。







黒酢のレストランがたくさんあって、

酢辣湯麺と酢豚を頂きました。

食前に出た、巨峰と黒酢のジュースが美味しすぎて

我が家の冷蔵庫に入ってます。





鹿児島神社。

急に沖縄感というか中華な感じがしました。

菊の紋がたくさん見えました。

あと巫女さんが可愛かったです。(*^_^*)


鹿児島空港で車を返して、

高速バスで鹿児島中央駅に行きました。

駅の近くに屋台村があり

平日にもかかわらず、賑わってました。





博多でも熊本でも思ったけれど、

仕事帰りに気軽に寄れる、

美味しいお酒と肴のあるお店が、こんなにたくさんあるって良いな〜。




美味しくて、パックに詰めてお土産に販売して欲しいと真剣に思ったモツの煮込み。

お酒のつまみにも、ご飯のともにもピッタリです。





歩道に時々、歴史上の人物を模した像がありました。

幕末、明治の歴史が色濃く残っています。

中心街の天文館は二日目以降に行きました。


2013/10/09 (水) 17:16 | 旅行記
- | -




大阪から帰る途中

テレビで見たことあるタルト屋さんでお土産を購入。

中国からの観光客で混んでました。

日本のガイドブック(分厚い!)を

何度も確認して並んでました。






神戸空港から飛行機に乗ります。


人けのなかった場所から

人混みが当たり前の場所に出ると

もう、すんごく疲れるんだと実感しました(+_+)



時間があったので三ノ宮の中華街で豚まん食べて

生田神社で御朱印を頂いて

羽田に飛んで帰宅しました。




和歌山県は広かった…

南紀白浜は関西圏の方にとっては

有名な観光地のようです。

温泉がいっぱいあって良いね。

ただ熊野本宮は行くまでが非常に遠くて不便。

伊勢神宮と違って

思い立って行ける場所ではなかった…。

だって計画してても辿り着けなかったですから!(泣)




病み上がりで体調に気遣いながらの旅行でしたが

のんびりゆったりする時間が多くて

温泉も何回も入れて

心身ともに癒されました。


2013/03/02 (土) 18:56 | 旅行記
- | -